デジタルマネーライブラリー

インターネットは情報に自由を与えました。 自由を勝ち取った情報はIoT(Internet of Things)による場所やモノに縛られない状況を実現しはじめています。そんな情報にこれからは価値あるインターネット「IoV」(Internet of Value)が求められると考えてます。仮想通貨は情報に尺度という価値を与えるでしょう。本ブログではそんなIoVに影響する仮想通貨について、色々な観点から紹介します。

仮想通貨のコア技術ブロックチェーン課題の対策「Segwit」とは何か?

仮想通貨の一技術であるブロックチェーン、それは仮想通貨を取引する上で記録する台帳のようなものです。

ブロックチェーンは仮想通貨のコア技術として、仮想通貨にとどまらず様々なシーンでの利用も検討されていますが、大きな課題も含まれています。

それはブロックに記録するスペースがなくなってきているという問題です。

こういった問題を、スケーラビリティ問題や ブロックサイズ問題と呼んでいます。

Segwitはそんな問題を解決するための対策の1つなのです。 

 

Segwitを理解するには、ビットコインの取引に関する基礎知識がある程度必要ですが、一言でいうと、ビットコインの取引データ内に従来含まれてい た署名を分離して別の領域に格納するということです。

 

ビットコインの取引には入力することと出力することという二つの要素に分けられます。入力には、送信元の情報が含まれ、出力には、送信先の情報が含まれます。一つの取引内に入力と出力が複数存在することもあります。そしてその入力と出力のビットコイン量の差は取引手数料となります。取引手数料はcoinbaseと呼ばれる特殊なトランザクションによって、ブロックを生成したマイナーにブロック生成報酬とともに付与されます。

入力にはscriptSigと呼ばれるスクリプト(プログラムコード)が含まれています。scriptSigは、取引の署名及び公開鍵などから構成されています。署名は、送信元のビットコインアドレスの秘密鍵を使用して作成される、アドレスの所有権を証明するためのデータです。署名と公開鍵を利用することで誰でもその署名が正しいことを検証できます。

また、出力にはscriptPubKeyと呼ばれるスクリプトが含まれています。scriptPubKeyは、送信先アドレスの公開鍵のハッシュ 値などから構成されています。

scriptPubKeyは「ロックスクリプト」とも呼ばれ、「次のトランザクションのscriptSig内に対応する署名が含まれていなければならない」という意味のコードが書かれており、秘密鍵の所有者以外ビットコインを使用できないようにロックする役割があります。ロックという観点でいうと、scriptSigは「ロック解除スクリプト」です。秘密鍵の所有者のみがscriptSig内に署名データを入れてビットコインのロックを解除することができます。

本題のSegregated Witnessとは何なんだろうか?

 

Segwit(Segregated Witness)とは、従来scriptSigに含まれていたデータを、分離して全く別の領域に格納することです。この新しいデータ領域のことはwitnessと呼ばれており、取引データとは別に署名データとしてまとめられ、まとめられたwitnessはcoinbaseトランザクション内に格納されます。従来のscriptPubKeyの内容を、「scriptSig内に対応する署名が含まれていなければならない」という意味のスクリプトから、「witness内に対応する署名が含まれていなければならない」という意味のスクリプトに変更するものでもあります。

Segregated Witnessってなにがトクなの?

 

ビットコインには「トランザクション展性」と呼ばれる脆弱性があります。ビットコインでは各トランザクションを識別するために、トランザクションIDと呼ばれるトランザクションのデータ全体のハッシュ値が使われます。取引の内容(送信先・送信元アドレスとビットコイン量)を変更することなく、このトランザクションIDだけを変更できる脆弱性トランザクション展性と呼びます。

トランザクション展性を利用した攻撃方法は主に二つに分けられます。一つ目は単純に秘密鍵の所有者が署名データを作り直すことで、署名以外は同じ取引内容 を保ったままトランザクションIDを変更する方法です。二つ目は、第三者トランザクションIDを変更する方法です。ビットコイントランザクションには 署名そのものや取引内容以外にあまり重要でない誰でも変更できるデータが含まれており、このデータを変更することで誰でもトランザクションIDが変更できてしまいます。

このトランザクション展性は、トランザクションIDのみを取引の識別に利用しているウォレットで特に問題が発生します。IDを改ざんされた取引がブロックに取り込まれ確認された場合、改ざん後の取引が完了しているのに、最初にウォレットから送信された改ざん前取引とはトランザクションIDとは違うために、ウォレット内では改ざん前取引が完了したと見なされず、ウォレット内の残高の不一致が発生してしまいます。最初の改ざん前の取引はノードから二重支払いとみなされ、無効な取引として弾かれてしまうためです。

Segregated Witnessでは、署名その他のトランザクションIDの計算に使われるデータを取引とは別の領域に格納することで、トランザクションIDの変更ができなくなります。

これによって、取引所やウォレットの開発者にとっては取引の追跡に単純にトランザクションIDのみを利用すれば良くなりコードが単純になるという利点の他 にも、トランザクション展性を利用した二重支払いのリスクがなくなる利点や、Lightning Networkという新しい技術の実装が容易になるという利点なども挙げられています。

トランザクション展性を利用した二重支払いというのは、約10分かかる「確認」前の状態の未確認のビットコインを使用する場合などに発生します。例えば、取引所Aから攻撃者Bに1BTCを引き出した後、未確認の状態ですぐに攻撃者Bから店舗Cにその1BTCを商品代金として送信したとします。この時、店舗Cが未確認状態のトランザクションであっても送金完了とみなしている場合、攻撃者Bは取引所Aからの引き出しのトランザクションIDを変更することで、店舗Cへの支払いのトランザクションが無効と見なされ、支払い完了として扱ってしまったのに実際には店舗Cへ支払われないという状況になります。(トランザクションもブロックと同様にチェーン状になっているため、前のトランザクションが改ざんされると後のトランザクションも無効と見なされます。)

Segwitにより不可能になるのはこのタイプの二重支払いのみであり、他にも未確認状態での二重支払いの方法は存在するので、未確認のトランザクションを送金完了とみなすことにリスクが伴うことはSegwitの採用後も変わりません。

また、ビットコインのブロックには1MBというブロック制限があります。この制限が原因でスケーラビリティ問題として最近のビットコインの最重要課題となっています。

そのスケーラビリティ問題の一つの対応策となるのがSegwitです。署名を分離することで、その署名分のサイズがブロックサイズの制限には考慮されず、実質的に1MB以上の取引をブロックに含めることができるようになります。

Segwitの導入と同時に新たなブロックサイズの制限の様式も導入される予定です。

旧バージョンからみた場合は、ブロック≦1MBというかたちを変更することなくSegwitを実装することになります。

もしも取引データがすべてwitnessであれば、最大4MBの取引データが格納できることになります。しかし、これはあくまでも理論的な話であり、取引データのすべてが署名データということは現実的にないため、実際にはせいぜい1.6~2MB程度になると考えられています。なお、ブロックにおける署名データのサイズの割合が増えるほどより多くのサイズが格納できることになるため、いわゆる署名が複数となるマルチシグネチャアドレスからの送信が増えるほど、実質的なブロックサイズ制限が上昇します。

witnessのデータ量は4分の1のみが取引データの総サイズとして考慮されるため、Segwitには副次的に取引手数料が減る効果もあるとされています。

仮想通貨の資金調達方法「ICO」について知ろう

f:id:a142899:20180213120649j:image

仮想通貨の世界において、新しい資金調達方法として脚光を浴びている「ICO」(Initial Coin Offering)を知ってますか。ICOとは、企業が新しく暗号通貨を発行し、それを一般向けに販売することで資金を調達するもので「新規仮想通貨公開」というものです。

売買手数料ナシ、小額投資可能、大化けすればハイリターンというメリットがある反面、現在は法律が未整備であるなどの課題も抱えています。ここではICOとは何かを詳らかにするとともに、その仕組みを基礎から解説します。

f:id:a142899:20180213120642j:image

 IPOとは何が違うのか

資金調達手段としては、新規株式公開=IPO(Initial Public Offering)が有名です。ICOIPOでは何が違うのでしょうか。

まず、IPOですが、これは証券会社の協力のもと、証券市場に新規上場し、株式を発行することで資金調達を行います。また、資金調達するために、事業計画書や直近決算書の開示する必要です。しかし、ICOではこうした作業を行う必要が少ないため、資金調達に伴うコストを大幅に引き下げることができます。

ICOの仕組みを知ろう

ICOの具体的な仕組みを知りましょう。そのために通貨発行から資金調達完了までの流れを見ていきましょう。

ICOで資金調達する企業は、まず独自のトークンやコインを発行します。コインの購入した投資家は、その企業が提供するモノやサービスをコインで購入できます。また、他の仮想通貨との交換も可能です。

ICOは発行したトークンを事業者のサービスに使えるようにしたことで、出資者と事業者の関係は、トークン購入後も継続することになります。

1.アナウンス

ICOをする企業は、仮想通貨市場の投資家に対して、トークンの発行を周知する必要があります。一般的には「ホワイトペーパー」と呼ばれる目論見書(のようなもの)を発行し、企業やプロジェクトの魅力を喧伝します。これにより投資家は、企業の目的やその内容に対し、正当性や価値を判断します。

2.オファー

ICOをする企業は、特定の人物や投資家を対象に、契約条件を規定した「オファー」と呼ばれる内容書を提示します。このオファーにより投資家は、プロジェクトの全容を理解し、投資額や投資期間などを指定します。ICOトークン発行に証券市場のような基準が設けられていないため、ICOをする企業が詳細な条件を規定して開示します。

3.PR活動

一般的にICOをする企業のほとんどは、小規模で知名度がありません。そのため、ICOを成功させるには「企業のPR活動」が重要になります。「実績が少ない」=「潜在的可能性がある」、「社歴が浅い」=「先進的な事業に意欲的」といったポジティブなことばを駆使し、「投資に値すべきバリューの高い企業」というイメージを確立させましょう。

4.トークン販売開始

ブロックチェーンを使ったトークンの販売方法は、以下の2つが考えられます。

a.オファーで開示した最低金額を獲得した段階でトークンをリリースし、当該投資家に分配する方法
b.それぞれの仮想通貨取引所トークンを個別販売する方法

なお、仮想通貨取引所で販売する場合には、その取引所で上場することがほとんどです。

ICOが抱えるリスクを知ろう

ICOでは取引所が介在せず、事業者と投資家が「ダイレクトな売買」を行います。これは、両者にコストがかからないというメリットがある反面、証券取引所における上場プロセスのように、第三者機関が事業者を細かくチェックするという工程がありません。そのため、企業やプロジェクトの信憑性、将来性、安定性などが担保しづらいというデメリットがあります。

さらに、ICOに対する法整備が進んでいないことから、投資家が「法的に守られない」という問題も残されています。直近では中国人民銀行ICOの利用を一切禁止すると発表したことで、ビットコインなどの仮想通貨が軒並み下落するといった事態も起きています。また、米国の証券取引委員会(SEC)もセキュリティ上の問題を引き合いに、「ICOは証券と同じような規制を設けるべき」と警告しています。

実際、ICOを謳った詐欺事件も発生しています。直近の事例では、2017年3月に発覚したフィリピンの「ノアコイン」でしょう。ノアコインは「フィリピン政府関与」といううたい文句で売り出された仮想通貨ですが、実際にはフィリピン中央政府の許可など得ていませんでした。このような状況を鑑みると、ICOが浸透するには、まだ時間がかかりそうです。

ICOの今後の見通し

前述したとおり、現状では問題も散見されるICOですが、既存の証券取引所や証券会社を介さずにグローバルな環境でシンプルに資金調達できるということは、大きな魅力です。法的ルールなどを含め、周辺環境が整備されれば、事業者にとっては魅力的な資金調達の手段になる可能性があります。

また、ICOは「投資」という側面にだけでなく、「その事業を応援する」「事業理念に共感して募金する」という性質も兼ね備えています。「投資を通じて社会参加する」という観点からも、ICOは可能性を秘めているといえるでしょう。

 

お買い物などで貯めたポイントをストックポイントから株式投資して運用へ

f:id:a142899:20180213185101p:image

StockPoint(以下、ストックポイント)とは?

ストックポイントは、私たちが普段の生活で貯めているポイントを投資することができるサービスを提供しています。

1ポイント=1円として、ストックポイントが指定する銘柄に投資することができます。投資されたポイントは以降はその会社の株価に連動して変動するようになります。

 

ストックポイントに投資をするには?

ストックポイントに投資をするためには、ポイント交換サイトとして運営されているサイバーエージェントの「ドットマネー」というサービスポイントを使います。

 

ドットマネーってどうやって貯めるの?

ドットマネーについては以下のようなポイントと連携してます。ポイント交換をすることでドットマネーを貯めることができます。

-クレディセゾン(永久不滅ポイント)
-アメリカンエキスプレス
-UCカード
-チョビリッチ
-モッピー
-CMサイト
-ハピタス
-チャンスイット
-リアルワールド
-エルネ

 

ストックポイントの投資可能な銘柄は?

2018年1月現在は以下の5銘柄です。今後は順次増やす予定だそうです。

-ソフトバンク
-みずほフィナンシャル・グループ
-サイバーエージェント
-日本株レバレッジ上場投信
-日本株ダブルインバース上場投信

 

 実際に運用してみると

ストックポイントのアプリをインストールしたうえで登録を行います。登録にはメールアドレスが必要になります。また、ドットマネーにも登録が必要になります。こちらはアメーバIDを持っていればそのIDをそのまま利用することができます。ドットマネーのマネーをストックポイントに交換するにはドットマネーにログインして、マネーを使う→ストックポイントを選択します。

前述の投資をしたい銘柄(株・ETF)をチョイスして交換申請をします。

-StockPoint ID
-交換マネー数
を入力して終わりです。StockPoint IDはストックポイントで登録したメールアドレスになるようです。

 

1株単位で株式移行が可能

ストックポイントで取得した株式相当分については1株単位でSBI証券会社かみずほ証券に移管することが可能です。

 

 

 

 

IoTと仮想通貨の関係

ビットコインなどの仮想通貨は、そのポテンシャルを高く評価されながらも、現在のところ実社会にはあまり適用されていません。

先日、ある仕事をしていて感じたIoT(Internet of Things)と仮想通貨を組み合わせることによる可能性をまとめます。
 
まずは、IoTですが、身の回りにあるモノが、インターネットに繋がり情報をやりとりすることで新しい価値を生み出す概念のことです。
 
ある仕事で、河川などで川が氾濫しそうになるとそれを通知するシステムの提案をしていました。これから梅雨の時期にもなり台風も発生するでしょう。お客さんは、価値のある製品だと高い評価をもらったのです。
 
ただそれは単に反応が良いだけでおわってしまうのです。
なぜなら、それに取り組むための予算がないからです。投資対効果も、災害対策だとなかなか見出せないとのことでした。
災害対策への投資予算適用のための投資対効果を見出せないとのことです。
 
昨今より取り組んでいる仮想通貨について考えていた私は思いました。ビットコインが広まっている現状は投機ばかりですがで、投資対効果がなかなか見出せないモノやサービスにIoT×仮想通貨であらたなサービスができるのではないかと?
 
要するに、ここで言いたいことは、仮想通貨を使用して、個人、法人や公的機関や企業で考えずに、それぞれの受益と費用の整合を取れるよう、インセンティブを考えればいいのではないかということです。
 
システムの成長に経済原理を組み込むと、本当に必要なところに密度高くモノは普及しますよね。 

IoM(Internet of Money)はこのように、現在経済原理を組み込めていない場所に経済原理を組み込むことができるという特徴を持っています。また、仮想通貨のように発行主体が無いものは、個人・会社・国・地方自治体をつなぐグルーロジックとしての柔軟性が企業発行のポイントよりも高くより良いシステムを設計しやすくなります。市民(個人の集合)と国の組み合わせという形も作ることが可能になります。

 

仮想通貨にはマーケットが無いという批判も良く聞きますが、それはただ単にまだ明確なマーケットを見つけきれていないというだけにすぎません。IoT x 仮想通貨には大きな可能性が存在していると思います。

日本の貨幣はいつから安定したのか?

いまや当たり前の、紙幣や硬貨。もとは小判など金貨、銀貨、銅貨であった。この三貨を流通させるに至ったのは、徳川による江戸幕府将軍や幕臣たちの功績に他ならない。

 
1600年の関ヶ原の戦いの後、徳川家康は金貨を見直し、大判よりも少額で一般流通を目的とした小判や一分金の発行をおこなった。銀もそれまでは馬蹄の形をした馬蹄銀など大型のものばかりだったが、棒状の丁銀や豆板銀といった携帯もできる細かい通貨を発行し流通させたのである。
 
その新たな貨幣の製造にあたり京都にあった金座と銀座を江戸に移した。
 
ちなみに「座」とは業者による組合といったものである。幕府公認の金貨、銀貨の鑑定、検印の役割を務めた役所であった。金座はいまの日本銀行である。
 
また銅貨については、銅が不足していたこともあり、室町時代に中国の明から輸入されていた「永楽銭」が流通していた。が、三代将軍、徳川家光のときに寛永通宝が発行されこれが全国的に流通し、それまで流通していた永楽銭の流通を禁じ、江戸時代の三貨制度が確立するに至った。
出典:時空旅人17年3月号

仮想通貨ってどうやって買うの?

仮想通貨を買おうと思ったら、まずは仮想通貨取引事業者に会員登録する必要があります。国内では「ビットフライヤー」や「ザイフ」「DMM」などの事業者があります。登録はネットで簡単にできるが、取引開始にむけて本人確認が必要で、個人情報の入力や身分証の提示など数日かかることがある。

仮想通貨の取引事業社の会員になる

仮想通貨を買うには、ビットフライヤーなどの仮想通貨取引事業社に会員登録し、運転免許証などの身分証明書をスマホで撮影して事業社へ送信するなどして本人確認が必要なります。本人確認終了後、登録した住所に、事業社より届けられるハガキを受領し取引が可能となります。

買い方は「取引所」「販売所」「FX」の3種類

買い方は、他の投資家との間で売買する「取引所」、事業社の提示する価格で購入や売却を行う「販売所」、事業社から資金を借り入れ、自己資金の何倍もの取引ができる「FX」の3種類があり、同じ事業社で複数の買い方を選べます。

取引所:ユーザから直接購入時価で買うことが可能

株式のように、他の投資家から直接買う方法です。成り行き注文と指し値注文の選択をし、指し値なら価格の指定など手間ですが、ほぼ時価で買えるのが魅力です。

販売所:簡単・確実に買えるが価格は割高

仮想通貨取扱事業社から買う方法です。事業社の提示価格で簡単、確実、即座に買える特徴があるが、あらかじめ手数料が乗った価格で、取引所での購入より割高になります。

FX:資金を借りて取引ができるが、外れれば大損リスク

事業社に証拠金を預けることで、自己の資金の何倍もの売買ができる。そのぶん高リスクとなる。取引完了まで手数料がかかり続けるため長期保有には不向きである。